【5つの簡単な方法】iPadのパスコードを忘れたらロックを解除する

りょうすけ | 2022/09/21

スマートフォンの最新テクノロジー・イノベーションを熱心にレポートする、ベテラン・ジャーナリスト。すべての方法を自ら試し、iPhoneに関するあらゆる問題を公平に解決するハウツー記事を紹介します。

iPadからロックアウトされたことがありますか?ロックを解除する方法を見つけるまで、アクセスできないのですか?参りますよね?iPadがロックされた場合、次に何をすればいいのか分からず、呆然とロック画面を見つめていることでしょう。心配しないでください。あなたは正しい場所にいます。この記事では、iPadのロックを解除するための5つの非テクニカルな方法について包括的に説明します。知りたいですか?それでは、続きをご覧ください。

方法 1:iPadのパスコードをお忘れですか?Mobitrix LockAwayを使用してロックを解除する - 最も速くて簡単な方法

他の人をロックアウトするためのパスコードで、自分自身がiPadからロックアウトされてしまったら、一日が台無しになってしまいます。しかし、その必要はありません。Mobitrix LockAway があれば大丈夫です。これはiPad専用のロック解除ツールです。画面ロックを解除し、20分以内にiPadにアクセスできるようになります。

これを支える研究開発チームは、iOS/iPadOSのクラッキングにおいて10年以上の経験を有しています。LockAwayを使用してiPadのロックを解除する際に、彼らは100%のプライバシー保護と安全性を確保することに尽力しています。また、Mobitrix LockAwayは、誰にとっても使いやすく、技術的なスキルは必要ありません。

Mobitrix LockAwayの活用シーン

  • iPadのパスコードが思い出せない
  • 中古のiPadを購入した
  • パスコードの入力に失敗し、「iPad は使用できません。iTunesに接続し、X分後にもう一度試してください。」と表示された
  • Face/Touch IDが正常に動作しない
  • デバイスの画面が割れている

手順:

  1. Mobitrix LockAwayのダウンロードとインストールを開始します。
  2. メインメニューで「画面パスコードロック解除」を選択します。
  3. 画面パスコードのロック解除

    画面パスコードのロック解除

  4. iPadのパスコードを削除するには、開始をクリックします。
  5. 画面パスコードを削除

    画面パスコードを削除

    画面ロックを解除する

    画面ロックを解除する

  6. iPadのロック解除に成功しました!
  7. ロック解除が完了

    ロック解除が完了

Trustpilot star

なぜMobitrix LockAwayをお勧めするか?

  • iTunesが不要:iTunesを使わずにiPadのロックを解除することができます。
  • 簡単な操作性:技術に詳しくないユーザーにも適しており、数回のクリックで、簡単にロックを解除することができます。
  • 99%の成功率とプライバシーの安全性を保証します。
  • 約20分で無効化されたiPadのロック解除が完了します。
  • iPad 2-9、そしてiPad Air、iPad mini、iPad Pro、iPadOS 13-16の全モデルを完全にサポートします。

方法 2:iPadOS 15.2の裏技で無効化されたiPadのロックを解除する

「iPadを消去」は、iPadOS 15.2以降で機能するApple製デバイスのロックアウト画面にあるオプションです。「iPadが使用できません」が表示される画面の一番下にあります。iPadOS 15.2以降では、「iPadは使用できません」は「iPadは無効になっています」または「セキュリティロックアウト」に置き換わりました。

この機能は、パソコンがなくてもパスコードも含めてiPadのデータをすべて消去することができます。「iPadを消去 」は、iPadのロックを回避し、パスコードを削除することができます。パスコードを消去することで、デバイスを新たに設定することができます。iPadがロックされ、Macや PCにアクセスできないときに便利なオプションです。

本オプションを使用するための条件:

  • ロックされたiPadがiPadOS 15.2以降で動作している必要があります。
  • ロックされたiPadに、あらかじめApple IDでサインインしている必要があります。ロックアウトされる前にiCloudにログインしていない場合、このオプションは表示されません。
  • ロックされたiPadで「探す」が有効になっている必要があります。
  • Apple IDのパスワードが必要です。
  • ロックされたiPadがインターネットに接続されている必要があります。

手順:

  1. このオプションを表示するには、パスコードを7回以上間違えて入力する必要があります。7回目の入力後、画面に「セキュリティロックアウト 15分後にやり直してください」と表示されます。「iPadを消去」オプションは、画面の中央の下に表示されます。
  2. 「iPadを消去」をタップします。
  3. iPadを消去する

    iPadを消去する

  4. もう一度「iPadを消去」をタップします。すると、「Apple IDからサインアウト」の画面が表示されます。Apple IDのパスワードを入力し、iPadを消去します。
  5. ロックされたiPadの画面には、白いAppleのロゴと一緒に消去の進行状況が表示されます。
  6. すべての処理が完了すると、iPad は自動的に再起動します。

方法 3:「探す」(iCloud.com)を介してiPadのパスコード入力を回避する

「探す」は、Appleの世界中で使用できるデバイス追跡ソフトウェアです。位置情報に関わることなら何でもできる究極のアプリです。このアプリには、使えなくなったiPadをリセットするための「簡単に消去する」機能もあります。この機能は、パスコードを含むすべてのデータと設定を削除することができます。パスコードを削除することで、iPadをリセットすることができます。

注意:iPadを消去しても、iPadOSのバージョンは変わりません。データと設定が消去されるだけです。iCloud.comにアクセスする際には、パソコンまたは携帯電話のブラウザを使用することができます。お手元にない場合は、他の方からお借りいただいてもかまいません。

「探す」を使用するための条件:

  • ロックされたiPadで「探す」が有効になっている必要があります。
  • ロックされたiPadがiCloudアカウントにログインしている必要があります。
  • 無効になったiPadがインターネットに接続されている必要があります。
  • Apple IDとパスワードが必要です。

手順:

  1. 任意のブラウザでiCloud.comにサインインします。
  2. Apple IDとパスワードを入力し、iCloudにサインインします。
  3. メインメニューの「iPhoneを探す」をクリックし、もう一度Apple IDのパスワードを入力してサインインしてください。
  4. 「iPhoneを探す」をクリックする

    「iPhoneを探す」をクリックする

  5. 画面の中央の上の「すべてのデバイス」をタップし、ロックを解除したいiPadを選択します。
  6. 「iPadを消去」をクリックします。「このiPadを消去しますか?」というポップアップメニューが表示されます。次に消去をクリックします。
  7. 「iPadの消去」をクリックする

    「iPadの消去」をクリックする

  8. 次に、Apple IDのパスワードを再度入力し、続行します。
  9. 信頼できるデバイスに認証コードが記載されたメッセージが届きます。検証コードを入力して続行します。
  10. iCloudウェブサイトに「消去を開始」のポップアップが表示されます。OKをクリックします。
  11. iPadの画面には、白いリンゴのロゴと消去の進行状況が表示されます。消去が完了したら、iPadが再起動するのを待ちます。そして、新しいパスコードを設定してください。

方法 4:iTunesを経由して無効になったiPadを修復する

リカバリーモードは、iPadOSに搭載されているトラブルシューティング機能です。これを使えば、パソコンを介してFinderやiTunesアプリを使って、iPadの問題を診断・解決することができます。iPadをこのモードに設定すると、パスコードの入力が不要になります。

リカバリーモードでは、デバイスを復元するかアップデートするかを選択することができます。「復元」を選択すると、パスコードも含めてiPadのデータをすべて消去することができます。消去した後、新たに設定することができます。

準備:

  1. PCまたはMacが必要です。
  2. PCを使用する場合は、Windows 8以降であることが必要です。また、最新のiTunesがインストールされている必要があります。
    Macを使用する場合:
    MacOS Catalina 以降の場合は、Finderウィンドウを開く必要があります。

    MacOS Mojave以前の場合は、iTunesの最新版をインストールし、開いてください。
    対応するUSBケーブルも必要です。

手順(Windowsユーザーの場合):

  1. iPadの電源を切る
    iPadがパソコンに接続されている場合は、接続を解除します。
    iPadの機種に合った方法で電源を切ります。
    ホームボタンがない場合: トップボタンと音量ボタンのどちらかを押し続けます。電源オフのスライダが表示されるまで押し続けます。
    ホームボタンがある場合:電源オフのスライダがポップアップ表示されるまで、上部ボタンを押し続けます。
    スライダをドラッグしてiPadの電源を切り、完全に電源が切れるまで1分ほど待ちます。
  2. iPadをリカバリーモードに設定する
    次のステップで押し続ける必要があるボタンを確認し、準備をします。
    ホームボタンがないiPadの場合、上部のボタンを使用します。
    ホームボタンがあるiPadの場合、ホームボタンを使用します。
    iPadの右ボタンを押しながら、すぐにiPadをパソコンに接続します。ボタンを離さずに行ってください。
    iPadにリカバリーモードの画面が表示されるまでボタンを押したままにします。その後、ボタンから手を離すことができます。

    リカバリーモード

    リカバリー画面でなく、パスコード画面が表示された場合は、iPadの電源を切り、再度再度リカバリーモードを試してください。

  3. iPadを復元する
    デバイスが接続されているパソコンで、iTunesまたはFinderにアクセスし、iPadを探します。
    「アップデートまたは復元が必要としているiPadに問題があります。」というメッセージがポップアップ表示されます。復元を選択します。
  4. 復元とアップデートをクリックします。
    パソコンがiPad用のソフトウェア・アップデートをダウンロードし、復元処理を開始します。

ソフトウェア・アップデートのダウンロードが完了すると、iTunesが「iTunesはiPadを消去してiPadOS 15.4.1に復元し、Appleに復元を確認します。」とポップアップ表示されたら、復元をクリックします。
iPadに白いリンゴのロゴと復元の進行状況バーが表示されます。プロセスが終了するのを待ちます。
プロセスが正常に終了すると、iPadが自動的に再起動します。
iPadのプラグを抜いて、セットアップを行い、使用を開始します。

無料特典:データを失うことなく、iPhonePass経由で無効化されたiPadのロックを解除する方法

iPadを復元せずにロック解除し、同時にデータを保護できないかと考えたことはありませんか?iPhonePassは、Mobitrixが提供する無料のロック解除ツールです。このツールを使えば、Appleのユーザーはデータを失うことなく、無効になったiPadのロックを解除することができます。

対応するiPadの機種には、CPUチップの脆弱性があります。この脆弱性を利用して、ジェイルブレイクを行うことにより、パスコードの削除や変更を可能にする最強の権限を得ることができます。

iPhonePassが対応しているiPadの機種は以下の通りです。

  • iPad 5-7
  • iPad Air (1-2)
  • iPad mini (2-4)
  • iPad Pro 12.9 (1-2)
  • iPad Pro 9.7 (1)
  • iPad Pro 10.5 (1)

準備:

  • Macを準備する
  • ロック解除ツールiPhonePassをダウンロードする
  • ジェイルブレイクソフト(Checkra1n推奨)をダウンロードする

注意:Checkra1nは完璧で、操作が簡単で、幅広く受け入れられているので、ダウンロードすることをお勧めします。ただし、Checkra1nはMacOSでのみ動作します。

手順:

  1. Checkra1nを起動し、開始をタップしてiPadをジェイルブレイクします。
    Checkra1nを起動する
  2. Checkra1nは、これからジェイルブレイク・プログラムをインストールします。この作業が完了するまで、iPadの接続を解除しないでください。
  3. ジェイルブレイク完了後、デバイスの操作や設定は避けてください。
  4. iPadをMacパソコンに接続します。
  5. iPadとパソコンがネットワーク接続を構築します。次にMacで「ターミナル」を開き、「sudo iproxy 22 44」というコマンドを入力します。
  6. 画面にスクリプト全体が連続して表示されるのが確認できます。「deliphonepass.sh」をダブルクリックして、画面のパスワードを除去するためのスクリプトを削除します。
  7. パスコードを削除し、ダブルクリックでスクリプト 「deliphonepass.sh」を消去します。

    この作業が完了すると、他のデータを削除することなく、iPadの画面ロックが解除されます。その後、通常通りiPadにアクセスし、新しいパスコードを設定することができます。

    パスコードをリセットした後、iPadのジェイルブレイク状態をオフにすることをお勧めします。ジェイルブレイクを行うと、iPadがセキュリティ上の危険にさらされます。これは深刻な問題ですが、修復ソフトウェアである Mobitrix LockAway で修復することができます。データに影響を与えることなく、ジェイルブレイク状態をオフにすることができます。

iPadの無効化を二度と起こさないためには?

  1. Face IDやTouch IDを使ったロック解除方法を追加で設定しましょう。
  2. 定期的にバックアップを取ることで、先を見越して行動しましょう。iPadのバックアップは、iCloud、Mac、PCのiTunesで行うことができます。
  3. 「起こしてスリープ解除」と「タップしてスリープ解除」の設定を無効にします。これらの設定が有効になっていると、iPadの画面をタップしたり、iPadを持ち上げたりすることで画面が起動されます。これらを無効にすることで、特にバッグやポケットに入れて持ち運ぶときに、誤ってiPadを起動してしまうのを防ぐことができます。

手順:

  1. 設定 > アクセシビリティ > タッチを選択し、「タップしてスリープ解除」を無効にします。
  2. 画面表示と明るさに進み、「起こしてスリープ解除」をオフにします。
  3. 思い出しやすいパスワードを作成します。例えば、6桁のパスコードではなく、4桁のパスコードを使用することもできます。
  4. 他の人に携帯電話を使用させている場合、パスコードやFace IDを解除します。
  5. アクセスガイドを使用します。
まとめ

ロックされてしまったiPadは不自由ですが、それにとらわれたままである必要はありません。この記事では、iPadのロックを解除する方法を知るための有益な方法をご紹介しました。この記事に記載されている手順を踏めば、無効になったiPadのロックを解除し、リセットすることができるようになります。

しかし、もしお急ぎで、簡単かつ迅速な方法をお望みでしたら、Mobitrix LockAway をご利用ください。このツールを使用する場合、いくつかのステップを踏んで、数回のクリックをするだけでよいのです。また、Mobitrix iPhonePassを使用することもできます。どちらのツールも効率的で、あなたの期待に応えてくれるでしょう。