【4つの方法】「このiPhoneはiTunesに接続できません」エラーを解決する

りょうすけ | 2022/08/04

スマートフォンの最新テクノロジー・イノベーションを熱心にレポートする、ベテラン・ジャーナリスト。すべての方法を自ら試し、iPhoneに関するあらゆる問題を公平に解決するハウツー記事を紹介します。


iPhoneが使用できなくなり、iTunesに接続するよう求められていますか?もしそうであれば、間違ったパスコードを10回入力した可能性があります。たとえ無意識に行ったとしても、iPhoneへのアクセスがロックアウトされています。このケースは、iPhoneを鞄やポケットに入れて持ち運んでいるときにも起こり得ます。どのような経緯でこのような状況になったとしても、致命的な打撃を受ける可能性はありますが、解決する方法はあります。詳しくはこちらをご覧ください。

「iPhoneはiTunesに接続できません」が表示される原因とは?

「iPhoneはiTunesに接続できません」という通知は、パスコードの試行を10回以上失敗する時に表示されます。10回未満の試行では一時的に無効になるだけですが、このエラーは特定の手順を踏まない限り、携帯電話にアクセスすることが不可能になります。これは、データを保護するためのセキュリティ対策です。このアラートは、端末のメモリーを消去する必要があることを意味します。

方法 1 :iTunesで「iPhoneはiTunesに接続できません」エラーを解決する

リカバリーモードは、全く反応しなくなったiPhoneを動作可能な状態に戻すために使用するトラブルシューティングの方法です。この手順は、他のトラブルシューティングの方法が失敗したときに最後の手段として行われます。USBケーブルでiPhoneに接続したMacまたはPCを使用して、オペレーティングシステムを工場出荷時の設定に戻すことによって、iPhoneを修復することができます。

iTunesは、オペレーティングシステムを工場出荷時の状態に戻すことで、ロックされたiPhoneのロックを解除します。このリセットは、あなたをロックアウトするセキュリティプロトコルを含む、すべてのデータと設定を携帯電話から消去することを意味します。その後、このソフトウェアは、フォーマットされたデータを取り戻すために、直近のバックアップを復元することができます。ただし、ロックされる前にバックアップをとっていた場合に限ります。

準備:

  1. PCまたはMacを準備する
    • PCの場合:Windows 8以降とiTunesの最新バージョンを使用してください。
    • Macの場合:
      1. MacOS Catalina以降では、Finderウィンドウを開いてください。
      2. MacOS Mojave、またはそれ以前のバージョンでは、最新バージョンのiTunesをインストールし、開いてください。
  2. 対応するUSBケーブルを準備する

手順(Windowsユーザーの場合):

  1. iPhoneの電源を切る
  2. 1)iPhoneがパソコンに接続されている場合は、すぐに接続を解除してください。

    2)機種に応じて、iPhoneの電源を切ります。

    • iPhone SE(第2世代、第3世代)を含む、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降:電源オフのスライダが表示されるまで、サイドボタンと音量ダウンボタンを押し続けます。
    • iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6:電源オフのスライダが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
    • iPhone SE(第1世代)、iPhone 5s、それ以前の機種:電源オフのスライダが表示されるまで、上部ボタンを押し続けます。

    3)あとは、右にスライドさせて電源を切り、完全に電源が切れることを待ちます。

  3. iPhoneをリカバリーモードに設定する
  4. 1)iPhoneの機種に応じた推奨ボタンでリカバリーモードに移ります。

    • iPhone SE(第2世代、第3世代)を含むiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X以降は、サイドボタンを使用します。
    • iPhone 7とiPhone 7 Plusは、ボリュームダウンボタンを使用します。
    • iPhone SE(第1世代)、iPhone 6S以前はホームボタンを使用します。

    2) iPhoneの推奨ボタンを押しながら、すぐにiPhoneをパソコンに接続します。
    3)iPhoneにリカバリーモードの画面が表示されるまで、推奨されるボタンを離さないでください。

    リカバリーモード画面が表示される

    リカバリーモード画面が表示される

  5. iPhoneを復元する
  6. 1) iTunesを起動します。iPhoneに問題があり、「アップデートまたは復元が必要としているiPhoneに問題があります。」というポップアップメッセージが表示されます。2つのオプションの中から復元を選択します。

     アップデートまたは復元が必要なiPhone

    アップデートまたは復元が必要なiPhone

    注意:

    1. iTunesのアップデートオプションは、最新のソフトウェアを更新し、以前の設定を残すことで、iPhoneを修復します。しかし、このオプションは常に問題を解決するわけではないので、復元オプションが必要となっています。
    2. iTunesの復元オプションは、iPhone上のすべてのデータと設定を削除し、新しいデバイスとしてセットアップします。

    2) 「iPhoneを工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?メディアやその他のデータはすべて消去されます。」というプロンプトを確認して、復元と更新をクリックします。

     メディアやその他のデータはすべて消去される

    メディアやその他のデータはすべて消去される

    3) 「iPhoneソフトウェア・アップデート」のポップアップが表示されるので、規約に同意するをクリックします。iPhoneの復元用ソフトウェアのダウンロードが始まり、右上のアイコンからダウンロード状況を確認することができます。インターネットの速度にもよりますが、20分~2時間程度かかることがあります。
    このアイコンをクリックしてダウンロードの進行状況を確認する

    注意:iTunesでこのプロンプトが表示された場合、「ソフトウェアのダウンロード中に問題が起きました。ネットワーク接続がタイムアウトになりました。」と表示された場合は、手動でiPhoneソフトウェア・アップデートをダウンロード することができます。

    4)「iPhoneソフトウェア・アップデート」がダウンロードされると「iTunesはiPhoneを消去してiPadOS 15.4.1に復元し、Appleに復元を確認します。」と表示されます。復元をクリックします。

    5)iTunesがソフトウェアの解凍を開始し、ロックされたiPhoneの画面にバーとAppleロゴが表示されるので、進行状況を確認することができます。

    6)手順が終了するまでに20分~2時間かかる場合があり、そして自動的にiPhoneが再起動します。 iTunesには以下のように表示されます。

    iPhoneが工場出荷時の設定に戻る

    7)iPhoneが再起動したらリセットして、新しいデバイスとして設定します。ロックされる前にiTunes、iCloud、Finderでバックアップをとっていない場合は、「Appとデータ」画面で「Appとデータを転送しない」をクリックします。一方で、定期的にバックアップをとっている場合は、iCloudまたはMac/PCからの復元を選択することができます。

iTunesの欠点:

  • iTunesは、何らかの不具合により、パソコンに接続されているにもかかわらず、iPhoneを認識しない場合があります。
  • iTunesは時間がかかり、成功率も低いです。数時間かけても、結局ロックが解除されないことがあります。
  • ダウンロードや復元中にiPhoneが動かなくなった場合、ゼロからやり直さなければなりません。
  • エラー3004、エラー3194、エラー1100、エラー4000、エラー4013など、様々な予測不可能なエラーコードが画面に表示されることがあります。

方法 2:Mobitrix LockAwayで「このiPhoneはiTunesに接続できません」が表示されることを回避する - 最も省力化された方法

Mobitrix LockAway は、iPhoneやiPadのロック画面を回避することができる、プロフェッショナルなロック解除ツールです。これらのデバイスへのアクセスを制限するために一般的に使用される様々なセキュリティプロトコルを回避することができます。あまりにも多くの誤った試行を行ったか、パスコードを忘れたかどうかに関わらず、Mobitrix LockAwayは20分以内にデバイスのロックを解除するためのワンストップショップです。

Mobitrix LockAwayは、以下のような場合にご利用いただけます。

  • iPhoneのパスコードを忘れた
  • パスコードの入力に失敗し、「iPhoneは使用できません。iTunesに接続し、X分後にもう一度試してください。」と表示された
  • 中古のiPhoneを購入した
  • Face/Touch IDが正しく機能しない
  • iPhoneの画面が割れている

ここでは、その手順を段階を追って説明しますので、複雑な操作は必要ありません。

手順:

  1. Mobitrix LockAwayを ダウンロード ダウンロード してインストールします。
  2. メインメニューの「画面パスコードのロック解除」をクリックします。
  3. Mobitrix LockAway - 「画面パスコードのロック解除」をクリックする

    Mobitrix LockAway - 「画面パスコードのロック解除」をクリックする

  4. 開始をクリックして、iPhoneのパスコードを削除します。そして、Keyfileが自動的に検出されます。
  5. 画面パスコードを解除して、画面ロックを解除する

    画面パスコードを解除して、画面ロックを解除する

    Keyfileを探している画面でパスコードのロックを解除する

    Keyfileを探している画面でパスコードのロックを解除する

  6. Keyfile一式をダウンロードし、解凍します。
  7. 画面パスコードのロックを解除して、ダウンロードとKeyfileの確認をする

    画面パスコードのロックを解除して、ダウンロードとKeyfileの確認をする

  8. Keyfileのダウンロードに成功したら、「解凍を開始」をクリックします。
  9. 画面パスコードのロック解除のファームウェアのダウンロードが完了

    画面パスコードのロック解除のファームウェアのダウンロードが完了

  10. 解凍が完了したら、ロック解除の開始をクリックします。
  11. 解凍が完了

    解凍が完了

    画面パスコードを解除して、画面ロックを解除する

    画面パスコードを解除して、画面ロックを解除する

  12. ロック解除が完了します。
  13. Mobitrix LockAway - iPhoneのロック解除が完了

    Mobitrix LockAway - iPhoneのロック解除が完了

より詳しい情報は、ユーザーガイドの画面パスコード解除のページもご参照ください。

メリット:

  • Mobitrix LockAwayは、iTunesのインストールを強制するものではありません。
  • 使いやすいインターフェイスは、非テクニカルな方にとって嬉しいポイントです。
  • 99%の成功率で、20分間だけで素早くロックを解除することができます。
  • 100%のプライバシー保護により、安全にiPhoneをロック解除することができます。
  • iPhone 5SからiPhone 13までのモデルに完全対応しており、iOS 12、13、14、15、およびそれ以降の異なるiOSバージョンに動作します。

方法 3:iPhoneのパスコードをお忘れですか?「探す」を使ってロックを解除する - パソコン不要

「探す」は、Appleデバイスの追跡をより簡単にすることを主な機能とするアプリです。Apple製のデバイスを紛失した場合、別のデバイスでこのサービスを利用することで、デバイスの最後の位置情報を確認することができます。デバイスタブにある「消去」機能を使って、使用不能になったiPhoneを修復します。リモートでデバイスのメモリを消去できるようにすることで、エラーメッセージを解決します。この消去は、iPhoneをリセットし、あなたをロックアウトするセキュリティ機能を無効にします。

  • ロックアウトされる前に、無効化されたiPhoneで「探す」が有効になっている必要があります。
  • ロックされたiPhoneがインターネットに接続されている必要があります。
  • ロックされたiPhoneからiCloudアカウントにログインされている状態である必要があります。
  • Apple IDとパスワードが必要です。

注意:途中で別の作業を行って戻った場合は、再度サインインする必要がありますので、支障のない範囲で作業を行ってください。

手順:

  1. ウェブブラウザ、または携帯電話のブラウザでiCloud.comを開きます。
  2. Apple IDとパスワードでサインインします。
  3. Apple IDとパスワードを入力する

    Apple IDとパスワードを入力する

  4. 「探す」を見つけ、Apple IDとパスワードを再度入力してサインインします。
  5. 「iPhoneを探す」をクリックする

    「iPhoneを探す」をクリックする

    Apple IDのパスワードを入力する

    Apple IDのパスワードを入力する

  6. 「すべてのデバイス」リストから、お使いのデバイスを選択します。
  7. 「iPhoneを消去する」をタップし、再度「iPhoneを消去する」のプロンプトを確認します。
  8. Apple IDのパスワードを入力して、次に進みます。
  9. 信頼できるデバイスに送信された認証コードを入力します。
  10. 電話番号を入力し、次へを選択して、完了をクリックします。
  11. iCloudのウェブサイトに「消去を開始」と表示されていることに気づくでしょう。そして、Appleのロゴとバーが表示された画面で進行状況を確認することができます。消去が完了すると、iPhoneは自動的に再起動します。これで、iPhoneをリセットすることができます。
  12. 「iPhoneは所有者にロックされています」というプロンプトが表示されるので、Apple IDとパスワードを入力します。次へを選択し、思い出しやすい新しいパスワードを作成します。

方法 4:iPhonePassで無効化されたiPhoneのロックを解除する - 無料&データ損失なし

Mobitrixは、Appleユーザーがデータを失うことなくロックの問題を解決するための無料のロック解除ツールiPhonePassを発表しました。 iPhonePassはiPhoneをジェイルブレイクし、パスコードを削除、または変更するための完全な権限を取得すします。この無料ツールは、iPhone 5SからXまでのiPhoneモデルに対応しています。

準備:

Macが必要です。(すべてのバージョンで動作します)

ロック解除ツールiPhonePassをダウンロードします。

脱獄ツールcheckra1nをダウンロードします。

注意:iPhoneをジェイルブレイクするには、簡単なアクセスと幅広いサポートを提供しているCheckra1nの使用をお勧めしますが、このツールはMacOSにのみ対応しています。

手順:

  1. Checkra1nを開き、iPhoneをジェイルブレイクして、次に進みます。
  2. Checkra1nがジェイルブレイクプログラムのインストールを完了するまで待ち、インストールが完了するまでiPhoneの接続を解除しないでください。
  3. 注意:処理が終了してからしばらくは、iPhoneの操作や設定をしないでください。

  4. ここで、iPhoneとMacBookを接続します。
  5. iPhoneとMacがネットワーク接続を構築します。「ターミナル」に移動し、「sudo iproxy 22 44」と入力します。
  6. 画面パスワードを削除します。ダブルクリックでスクリプト「deliphonepass.sh」を削除します。

これで、iPhoneの画面パスコードは、他のデータに影響を与えることなく削除されます。新しいパスコードは、設定から変更することができます。

iPhoneを二度と無効化にしない方法

  1. 起こして&タップしてスリープ解除を無効にします。
  2. 起こしてスリープ解除は、iPhoneを一定の高さまで持ち上げると起動します。タップしてスリープ解除は、iPhoneの画面をタップすると起動する仕組みになっています。その際、パスコードの入力が必要になります。便利な反面、ポケットや鞄に入れて持ち歩くときなど、知らず知らずのうちに間違ったパスコードを入力してしまうことがあります。これが10回以上続くと、携帯電話がブロックされてしまいます。これらの機能を無効にすることで、この問題を防ぐことができます。

  3. 思い出しやすいパスコードを作成します。
  4. パスコードを何度も忘れてしまうと、iPhoneがブロックされてしまう可能性があります。簡単に思い出せるパスコードを使用することで、このような可能性を確実に回避できます。また、パスコードのコピーを取っておくこともできます。

  5. Touch ID、またはFace IDを有効にします。
  6. これらの機能を利用することで、特に複雑で新しいパスコードを思い出すのが難しい時に、パスコードへの依存を大幅に減らすことができます。Face IDとTouch ID を有効にすると、パスコードを忘れてしまった場合でも、別の方法でロックを解除することができます。iPhoneが無効化にしてしまう可能性のある、推測でのパソコード入力を避けることができます。

よくある質問

faqs

  1. iPhoneが無効になり、iTunesに接続できない場合はどうすればよいですか?
  2. iTunesに接続できない、無効化になったiPhoneを直すには、まず「探す」アプリを使ってiPhoneを消去してリセットする方法があります。または、専用のロック解除ツールMobitrix LockAwayを使用することもできます。2つのオプションのいずれも機能しない場合、iPhoneをデバイス・ファームウェア・アップデート(DFU)モードにすることができます。DFUモードでは、iPhoneが最新のiOSバージョンに直接アップグレードされ、すべての設定がリセットされるため、効果的にiPhoneのロックを解除することができます。

  3. iTunesやパソコンを使わずに、無効になったiPhoneのロックを解除することは可能ですか?
  4. はい。「iPhoneを探す」アプリを使うと、他のデバイスから、使用できなくなったiPhoneをリモートで消去、リセットすることができます。パソコンや iTunes は必要ありませんが、ロックされた iPhoneがインターネットに接続されている必要があります。別のiPhoneでiCloudアカウントにログインし、「iPhoneを探す」機能を使って自分のデバイスを確認します。無効になったiPhoneをタップし、消去を選択します。この操作で、デバイスをロックしているパスコードが解除されます。

  5. iTunesから直接データを選んで復元することはできますか?

    デバイス全体のバックアップを復元するサービスなので、iTunesのバックアップファイルからデータを選んで復元することはできません。特定のデータのみを復元するため、復元したいコンテンツのみを保存したファイルを作成する必要があります。iTunesのバックアップから選択的にデータを復元するには、サードパーティの専門的なデータ復元ツールが必要です。

まとめ:

iPhoneへのアクセスがロックされていることに気づくほど、最悪なことはありません。この悲劇は、すべてのデータを失う可能性があることを考えると、より重大なことです。しかし、このような結果を避けることは可能です。説明した手順の中には複雑なものもありますが、Mobitrix LockAway はこれを可能にするためのより便利な他の手段を提供します。このソフトウェアは実用的で、20分以内にiPhoneをロック解除します。