2022年版 アップデートを準備中の画面でiPhoneが動かなくなるのを解決する方法とは?(成功率100%)

キャンベルアダムス | 2022/08/25

iOSソフトウェアの問題で豊富な経験を持つ5年間のスマートフォンエンジニア。彼は最もわかりやすい方法で読者のための最も実践的なソリューションを提示します。

最新のiOS 15.5アップデートをインストールしようとしていますが、時間がかかり、iPhoneがアップデートを準備中の画面で止まってしまいますか?そんな時は、この実践的なチュートリアルに従えば、2〜5ステップで解決することができます!

iPhoneがアップデートを準備中の画面から動かないときはどうすればよいでしょうか?

手順1:ストレージの容量を確認する

アップデートをインストールする際、ストレージは常に最初の懸念事項です。iOS 15.1から15.5へアップグレードする場合、252MBの空き容量があれば十分でしょう。しかし、古いiOSバージョンを使用している場合、インストールのためにおよそ2GBの空き容量を作る必要がある可能性が非常に高いです。

設定 > 一般 > デバイス > iPhoneストレージと進み、iPhoneのストレージの残量を確認します。必要量より少ない場合は、使用していないアプリやファイルを削除し、問題が解決するかどうかを確認します。

すでに十分なストレージがあるにもかかわらず、iPhoneが動作しませんか?その場合は、iOS アップデートの問題が他の原因によって引き起こされていることが分かります。手順 2 に進みます。

手順 2:WIFIを再接続する

iOSのアップデートを行うには、安定したネットワークが必要です。そうでないと、いつ中断されてもおかしくないからです。ここで、Wi-Fiルータを再起動します。すべての設定があなたのiPhone上で正しい認証情報で構成されていることを確認してください。ネットワークをリセットして、新たに再接続することもできます。

次に、バルコニー、リビング、中庭など、近くにある接続の良い場所に移動します。そして、iPhoneをハードリセットして、新たに起動します。


手順 3:ハードリセットを行う

iOSの小さな不具合がiOSアップデートの進捗を妨げている可能性があります。ハードリセットは、実行中の不具合プログラムをすべてシャットダウンし、iPhoneの潜在的なバグを取り除くのに役立ちます。システムに関連するiOSの問題のほとんどは、ハードリセットで簡単に修正することができます。

ここでは、その方法について説明します。

iPhone 8からiPhone 13の場合:

  1. ボリュームアップボタンを押し、すばやく離します。
  2. ボリュームダウンボタンを押し、素早く離します。
  3. 次に、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押したままにします。

iPhone 7シリーズの場合:

  1. スリープ/スリープ解除と音量を下げるボタンを、Appleのロゴが表示されるまで両方押します。
  2. Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを離します。

リカバリーモードに入る

その他のモデルについては、こちらのチュートリアルをご覧ください。

iPhoneはアップデートされ、元通りになりましたか?おめでとうございます。iOS 15.5が提供するすべてのメリット、強化されたセキュリティ、より強力な機能、そしてより少ない抜け穴をお楽しみください...

まだ動作しませんか?このような場合は、ただパソコンの力を借りればいいのかもしれません。


手順 4 (A):iPhoneとパソコンを接続する

結局のところ、WiFi経由でiPhoneでiOSのアップデートをダウンロードするのは、PCでダウンロードするよりもはるかに遅いのです!

Mobitrix PerfixでiPhoneをアップデートする

  1. Mobitrix Perfixをダウンロードし、パソコンにインストールします。
  2. 開始をクリックし、iOSアップデートの問題を選択して、今すぐ修復をクリックします。
    Mobitrix Perfixを起動する

  3. iPhoneをUSB ケーブルでパソコンに接続します。標準修復をクリックします。20分ほどで、iPhoneはまるで新品のようにアップデートされます。

Perfixについて、さらに詳しくご紹介します。

  • 技術的なバックグラウンドを必要とせず、簡単に使用できます。必要なのは2クリックだけです。
  • すべてのiOSモデル、バージョンに対応します。
  • 修復中にデータが失われることはありません。
  • Perfixは、iPhoneが操作できない状態でも問題を解決することができます。
  • iPhoneのフリーズやブラックスクリーンなど、他の問題も解決できます。

iTunes/Finderを使用してiPhoneを修復することもできますが、iTunesは非常に使いにくいので注意が必要です。

リカバリーモードを経由してiTunesでiOSを再インストールする

リカバリーモードは、iOS システムをアップデートまたは復元することで、iPhone のトラブルシューティングをサポートします。しかし、この方法は、指定された時間、ボタンの組み合わせを押してから離す必要があるため、少し複雑になることがあります。

iTunesでリカバリーモードを使ってiPhoneをアップデートする方法は以下の通りです。

  1. MacでiTunesまたはFinderを開きます。
  2. コンピュータに接続されたiPhoneを探します。
  3. iPhone を PC に接続し、iPhone をリカバリーモードにします。iTunesがリカバリーモードのデバイスを認識するまで待ちます。
  4. プロンプトに従って、アップデートを選択します。

更新オプションがうまくいかない場合、残念ながら、一歩下がって、復元をクリックする以外、できることはありません。

注意:アップデートではデータは削除されませんが、復元では削除されます。すべてのデータのバックアップを取っておきましょう。

iTunesでDFU復元する

iTunesでリカバリーモードを使っても成功しませんか?それなら、DFUは必ず行うべきです。DFUは、iOSシステムに内蔵された高度な修復モードです。スマートフォンの技術者は通常、問題のあるiPhoneをDFUモードにし、そのiOSシステムが完全に破損している場合、最も深いレベルで修復します。

この方法だと全部消えてしまうので、バックアップデータを取っておく必要があります。以下はその方法です。

  1. パソコンで最新のiTunesを起動します。
  2. iPhone をパソコンに接続し、iPhoneをDFU モードにします。iTunesがDFU モードのデバイスを認識するまで待ちます。
  3. プロンプトに従って、復元を選択します。

iTunesは使い勝手が悪く、何時間もかかることがあります。また、PerfixのようなDFU復元用のiTunes代替ソフトを検討することもできます。Perfixは操作が簡単で、iTunesができない多くの深刻な不具合を修正することができます。Mobitrix PerfixでiPhoneをDFU復元する方法については、上にスクロールしてご確認ください

パソコンがない場合、簡単に試せる修正方法をいくつかご紹介しますので、iPhoneを直せるかどうかお試しください。

手順 4 (B):パソコンを持っていない時に使える簡単な対処法

  1. 設定アプリを強制終了する

iOS 15.5アップデートで設定アプリが不具合を起こしているのかもしれません。強制終了して問題を解決してみてはいかがでしょうか。

Face IDを搭載したiPhoneモデル:画面を下から上にスワイプすると、起動しているすべてのアプリが表示されます。次に、設定アプリを選択し、上にスワイプして閉じます。

ホームボタンがあるiPhoneモデル:ホームボタンをダブルタップし、表示された一覧から設定アプリを上にスワイプします。

  1. 前回のアップデートのファイルを削除する

以前にアップデートしたパッケージが破損しているため、アップデート処理が遅れている可能性があります。そのパッケージを削除して、再度アップデートを試みることができます。

  1. 設定 > 一般 > iPhoneストレージを開きます。
  2. 以前ダウンロードしたアップデートファイルを選択します。
  3. アップデートを削除をクリックします。

古いアップデートファイルが削除されたら、再び設定 >一般 > ソフトウェア・アップデートでパッケージを再ダウンロードすることができます。


手順 5:Appleサーバーの状態を確認する

ここまでくれば、アップデートを準備中で止まってしまったiPhoneは、まだ未解決である可能性が高いです。少し視点を変えて、もしかしたらiPhoneやネットワークなどに問題があるのかもしれません。もし問題がApple側にあるとしたらどうでしょう?

iOS 15.5はとても新しいものです。Appleのサーバーは、同時にあまりにも多くのアップデートリクエストを受信してクラッシュする可能性があります。したがって、iOSの更新が遅れて、iPhoneはアップデートを準備中の画面で動かなくなっているのです。これは非常に稀なことですが、以前は起こっていました。

Appleのサーバーシステム状況のページで、Appleがサーバーの停止やメンテナンスに関するアナウンスをしているかどうかを確認することができます。

Appleのシステム状況を確認する

Appleのシステム状況を確認する

この方法で、Appleのアップデートサーバーが、iPhoneがアップデートを準備中の画面で動かない原因であるかどうかを確認することができます。その後、Appleが修復するまで待ち、数時間または数日後にiPhoneをアップデートしてみてください。

まとめ

iOSシステムをアップデートする前に、iPhoneが完全に充電されていること、強力なWi-Fiネットワークに接続されていること、十分な空きストレージ容量があることを確認してください。そうすれば、アップデートをスムーズに進めることができます。

iPhoneが更新中の画面で動かなくなった場合は、この記事でご紹介した実践可能な手順を実行するだけです。iPhoneのアップデートの問題が数分で解決されることを信じましょう。