iOS 15をインストールすることができませんか?8つの簡単な解決方法をご紹介します。

キャンベルアダムス | 2022/08/09

iOSソフトウェアの問題で豊富な経験を持つ5年間のスマートフォンエンジニア。彼は最もわかりやすい方法で読者のための最も実践的なソリューションを提示します。

輝かしい新機能やバグの修正を含んだiOSのアップデート(最新のiOS15.4など)は、不具合のあるiPhoneの操作性をいつでも向上させることができます。しかし、それをインストールすることができない場合はどうなるでしょうか?その理由と解決方法を知りたいですか?

さて、この記事では、iOS 15をインストールできないあらゆる理由と、それぞれの具体的な解決方法をご紹介します。ぜひご覧ください!その前に、iPhoneが50%以上のバッテリー残量で電源に接続されていることを確認し、低電力モードがオンになっている場合はそれをオフにします。

iOS 15をインストールできない

iOS 15をインストールできない

お使いのiPhoneの機種を確認する

iPhone 6S以降は通常、iOS 15.5のインストールに対応しています。しかし、iPhone 6以前の機種はiOS 12以上のiOSをインストールすることができません。iPhoneのモデルが分からない場合、こちらでiOS 15に対応しているかどうか確認してください。

iPhoneのストレージを増やす

通常、iPhoneにアップデートのための十分な空き容量がない場合、まず、再ダウンロードが可能なアプリやアプリデータを削除して容量を確保しようとします。その後、アップデート処理に遅れが生じます。1つのアップデートパッケージのサイズは、2~5GBになります。iPhoneのストレージを空けるには以下の方法を行います。

  1. 設定アプリを起動します。
  2. 一般メニューを選択します。
  3. 一覧からiPhoneストレージを選択します。各アプリが携帯電話で消費する容量が表示されます。その後、不要なものを削除していくことができます。

ブラウザの履歴を消去や不要な動画を削除、キャッシュをクリーンアップ、最近削除したアルバムを空にしたりすることもできます。消したくないものがいくつかある場合は、iCloudにアップロードして内部メモリを空けましょう。

iPhoneのストレージを空ける

iPhoneのストレージを空ける

設定アプリを強制終了する

設定アプリからiOSのアップデートを選択した場合、時間がかかりすぎたり、突然停止したりすることがあります。これを解決するには、設定アプリを強制終了して新たに起動することができます。

以下はその手順です。

ホームボタンがあるiPhoneの場合

  1. ホームボタンを2回押します。
  2. 設定アプリを上にドラッグして強制終了します。
  3. 数秒後、設定アプリを開き、再度iOS 15アップデートのインストールを試みます。
iPhoneの電源オン/オフ&強制再起動手順

iPhoneの電源オン/オフ&強制再起動手順

ホームボタンがないiPhoneの場合

  1. ホーム画面の下から上にスワイプアップします。
  2. Appスイッチャーで設定アプリを見つけます。
  3. 設定アプリのカードを上にスワイプすると、即座に強制終了されます。
iPhoneの電源オン/オフ&強制再起動手順

iPhoneの電源オン/オフ&強制再起動手順

パソコンでアップデートする

この方法でうまくいかない場合は、PC経由でiOSのアップデートを行うと、より速くアップデートできるのでぜひお試しください。

注意:PCとiPhoneの接続にサードパーティ製のケーブルを使用しないでください。使用するケーブルが良好な状態であることを確認してください。また、ケーブルがPCのキーボードポートではなく、正式なポートに取り付けられていることを確認してください。

これらの2つの方法でPC経由でiOSをアップデートすることができます。

Mobitrix Perfixを使ってパソコンでアップデートする

Mobitrix Perfixは、iOS 15へのアップデートに関連する問題を含む、iPhoneで発生しうる問題の診断と修復をサポートするために設計された、実績のあるiOS修復ツールです。

iPhoneがiOS 15をインストールできない場合、Mobitrix Perfixは最も確実で迅速、かつ最良の解決方法です。このソフトを使えば、データを失うことないですし、使い方もとても簡単です。Mobitrix Perfixを使用するには以下を行います。

  1. Mobitrix PerfixソフトウェアMobitrix Perfixソフトウェア をPCにダウンロードし、インストールします。
  2. iPhoneとPCをケーブルで接続します。
  3. 表示されたウィンドウで、開始ボタンをクリックします。
  4. iOSアップデートの問題を選択し、次に表示されるウィンドウで今すぐ修復を選択します。
  5. 標準修復を選択します。
Mobitrix Perfix標準修復

Mobitrix Perfix標準修復

10~30分ほど待ち、iPhoneを再起動させてください。iPhoneが新しいようにアップデートされます。

iTunesを使ってパソコンでアップデートする

iTunesはAppleが発売しているソフトウェアで、Appleユーザーに複数の機能を提供しています。iOSのアップデートや復元に使用することができます。しかし、iTunesは使用中に進行状況バーが表示されず、最大数時間かかるので、使用するのは少し難しいかもしれません。しかし、このオプションを使用したい場合は、iTunesの最新バージョンを使用していることを確認してください。

  1. iPhoneとPCをケーブルで接続します。
  2. iTunesアプリケーションを開き、iPhoneをクリックします。
  3. 概要を選択し、アップデートを確認をクリックします。
  4. アップデートをクリックして、最新のアップデートをインストールします。

この方法でうまくいかない場合、心配する必要はありません。iPhoneをDFUモードリカバリーモードにすることで、アップグレードプロセスを行うことができます。

iOSのシステムエラーを修正する

これは、アップデートに失敗する最も一般的な理由です。もしかしたら、iPhoneに安全でないアプリをインストールしてiOSにウイルスを取り込んでしまったり、iPhoneをジェイルブレイクして、ファームウェアに影響を及ぼしてしまったのかもしれません。iOS 15へのアップデートを妨げる可能性のあるソフトウェアエラーは数多く存在します。しかし、原因が何であれ、まずは簡単な再起動強制再起動を試してみて、修正する必要があります。

Mobitrix Perfix iOSシステム修復

Mobitrix Perfix iOSシステム修復

もしうまくいかない場合は、サードパーティソフトウェアの使用を検討してみてください。Mobitrix Perfixは、機種やインストールされているiOSに関係なく、iPhoneの様々な問題を解決してくれる頼もしいソフトでもあります。

ネットワークの問題を解決する

信頼できるインターネット接続がなければ、iPhoneをiOS 15にアップデートすることはできません。インターネットの品質は、アップデートにかかる時間に影響します。ネットワークが遅い場合、アップデートがフリーズして、iPhoneが動かなくなることがあります。アップデートを試みる際には、他のファイルをダウンロードしないのが一番です。ネットワークの問題が発生した場合、その解決方法は以下の通りです。

  1. ルーターを再起動する:ルーターのプラグを抜き、再度接続し、再起動します。
  2. ホットスポットとVPNをオフにする(ある場合):VPNやホットスポットのネットワークに接続している場合は、それを切断します。通常のWi-FIネットワークに接続します。
  3. 機内モードをオンにしてオフにする:

    ホーム画面から

  1. ホーム画面にいる場合は、設定アイコンに移動してタップします。
  2. ホーム画面に設定アイコンがない場合は、左にスワイプしてアプリライブラリにアクセスします。
  3. 機内モードのスイッチをタップして、オン/オフを切り替えます。

    コントロールパネルから

  1. ホーム画面またはロック画面から、右上隅から下方向にスワイプしてコントロールセンターを表示します。iPhoneにホームボタンがある場合は、画面の下から上にスワイプすると、コントロールセンターが表示されます。
  2. 機内モードアイコンをタップして、オン/オフを切り替えます。
  1. Apple IDからログアウトし、再度ログインする:これでApple IDの設定が削除され、元に戻ります。
  2. 別のネットワーク接続に切り替える:接続されているネットワークが極端に遅かったり、切断され続けたりすると、アップデートがスムーズに実行されず、何度もクラッシュする可能性が高くなります。この問題を解決するには、ネットワークをより高速で安定したものに変更する必要があります。
  3. ネットワーク設定をリセットする設定 > 一般 > リセット > ネットワーク設定をリセットの順で操作を行います。その後、Wi-Fiに参加するためのパスワードを再入力し、再度アップデートを試みます。リセットの後、接続がリフレッシュされ、スムーズに動作するようになるはずです。

古いアップデートファイルを削除する

古いiPhoneモデルに最近のiOSをインストールする場合、ダウンロードしたアップデートファイルが破損または損傷していることがあります。 この問題を解決するには、現在のiOSアップデートを削除して、パッケージを再度ダウンロードする必要があります。これを行うには以下の操作を行います。

  1. 設定アプリを起動し、一般メニューを開きます。
  2. 一般で、ストレージメニューを探して、開きます。
  3. リストの中からiOS 15アップデートを探し、アップデートを削除をクリックします。
  4. 一般メニューに戻り、ソフトウェア・アップデートメニューを選択し、最新のiOSをダウンロードします。
過去にダウンロードしたアップデートファイルを削除する

過去にダウンロードしたアップデートファイルを削除する

Appleサーバーの確認 する

購入するために人ごみをかき分けようとしたことはないだろうか。最新のiOSをダウンロードしようとしたら、Appleのサーバーがダウンしていた、というのはまさにこのことです。iPhoneに「アップデートを待っています」と表示されたら、Appleのサーバーの状態を確認してください。Appleサーバー側のネットワークの問題、停電、ウェブサイトのメンテナンスなどで、Appleサーバーにアクセスできない可能性があります。その場合は、しばらく待ってからアップデートを再開してください。

よくある質問

iOS 15にアップデートすると、iPhoneのデータが消えますか?

ソフトウェア・アップデートにより、iPhoneのデータが削除されることはありません。アップデート作業中も、データはすべてそのまま残ります。ただし、油断は禁物です。ごく稀に、インストール時にエラーが発生し、データが失われる可能性があります。事前にiCloudやiTunesでデータをバックアップしておけば、これを回避することができます。

iOS 15のインストールには通常どれくらいの時間がかかりますか?

一般的には30分以内ですが、iPhoneごとに時間が異なります。古いOSから最新のiOS 15ビルドにアップグレードする場合、iOS 15.3からiOS 15.4.1へのアップデートより時間がかかります。これは、前者が過去のすべてのiOSアップデートからアップデートをインストールするためです。そのため、インストールファイルが大きくなり、アップデートに時間がかかるようになります。

iOS 15にアップデートするために、iPhoneをアイドル状態にしておく必要がありますか?

iOSのアップデートがダウンロードされている間、iPhoneを普通に使い続けることができます。しかし、例えばNetflixのストリーミングと他のファイルのダウンロードを同時に行うなど、iPhoneを使用している間にダウンロードが遅くなる可能性があることを知っておく必要があります。ネットワークと帯域幅のためにiOSのダウンロードと競合するようなことは避けるのが最善策です。

アップデートの後、自分のアプリに何か起こりますか?

古いiOSバージョンからアップデートする場合、一部のアプリはうまく動作しません。これは、新しいiOSと互換性がないためです。ほとんどのアプリ開発者は、新しいiOSで動作させるためにアプリのアップデートを行う必要があります。しかし、心配する必要はありません。App Storeからアプリをアップデートすればいいだけです。