容量不足でiPhoneがリンゴループに陥った?真の解決方法

リサパーカー | 2022/08/25

元Appleのカスタマーサービス担当者で、バッテリー、ディスプレイ、ハードウェア、ソフトウェアの問題など、さまざまなiPhone関連のクエリに対して何千人もの顧客に最も友好的な方法でサービスを提供しています。

数千人のお客様へiPhoneに関する、バッテリー、ディスプレイ、ハードウェアやソフトウェアの問題など、iPhoneに関する様々なお問い合わせに、最も友好的にサービスを提供してきた、元Appleカスタマーサービス担当者。

「iPhoneの空き容量が残りわずかで、ある日突然、画面にリンゴマークが表示されてずっと進まない」

私は元Appleカスタマーサービス担当者として、この問題を経験して困っているiPhoneユーザー数千人程を手伝ってきました。これは容量不足によって起きるリンゴループです。問題は100%iOSのシステムエラーで、これから最も適切な解決方法を紹介していきます。解決方法をすぐ見たい方は こちらをご覧ください。


容量不足によってなぜリンゴループが起きる?

写真や動画といったデータをiPhoneにどれだけため込んでいますか?定期的にいらないデータを消去していますか?

データの消去を定期的に行わないとiPhoneの容量がいっぱいになって行くため、システムへの負荷が高まります。その状況では上手く情報処理ができないため、正常な動作ができなってしまうケースがあります。最悪の場合、この時点でデータの消去はまったくできなくなってしまいます。

Appleでの経験に基づいて、この問題を解決する一番役に立つ、いくつかの方法を絞り込みました。まず、最初に試すべき方法は強制終了です。



iPhone本体を強制終了する【30%の成功率】

強制終了は、強制的にiPhoneを再起動するという意味です。個人データを消さずにデバイスのメモリからすべての情報をクリアしてくれます。ちょっとした問題はほとんど強制終了で簡単に解決されます。

強制終了の方法はお手持ちのiPhoneのモデルによって異なります。

  • iPhone 8以降:音量アップボタンを押してから音量ダウンボタンを押す。次、リンゴマークが出るまでサイドボタンを押し続ける
  • iPhone8・iPhoneSE(第2世代)Ⅹ・11・12などホームボタンのないiPhoneの強制終了操作方法

    iPhone8・iPhoneSE(第2世代)Ⅹ・11・12などホームボタンのないiPhoneの強制終了操作方法

  • For iPhone 7: スリープボタンと音量ダウンボタンを同時にAppleロゴが出るまで押し続ける
  • iPhone7・iPhone7 Plusの強制終了操作方法

    iPhone7・iPhone7 Plusの強制終了操作方法

  • iPhone 6 以前: スリープボタンとホームボタンをAppleロゴが出るまで押し続ける
  • iPhone6のリカバリーモード操作方法

    iPhone6のリカバリーモード操作方法

強制終了でも起動しない場合は何かしらのシステム障害によってiPhoneが起動不能に陥っている場合があります。iPhoneを復元するには、より強力なツール、iTunesやiTunesの代理ソフトウェアが必要になってきます。

ここからはちょっと面倒だな〜と思うかもしれませんね。iTunesはうまく起動しない場合が多々ありますので、iTunesの簡単代理ソフトウェアPerfixも紹介していきます。したがって、1分も無駄にせずに、iPhoneの容量不足によってのリンゴループ問題を解決出来ます。


20分以内で解決できるMobitrix Perfix【99.99成功率】

一番のおすすめは Mobitrix Perfix。スムーズにiOSの問題を簡単に解決してくれるツールです。Mobitrix Perfix は 黒い画面問題iPhoneクラッシュ問題 や、ソフトウェアの不具合、システムエラーで引き起こされる様々な問題を解決できるiOS用の修復ツールです。

2回クリックするだけでiPhoneの問題を20分で改善!

  1. Mobitrix Perfixをパソコンにインストールして起動
  2. メインメニューの スタートボタンを選択
  3. スタンダードリペアを選択するとすぐに修理が始まる
Standard Repair Mode of Mobitrix Perfix

Standard Repair Mode of Mobitrix Perfix

なぜMobitrix Perfixを推奨するのか?

  • 成功率が高い: Mobitrix Perfixは他の修復ツールと比較して95-99%の成功率を突破
  • 処理が速い: スタンダードリペアでおよそ20分で問題を解決できる
  • 簡単な手順: 手順は簡単でわかりやすいため、ワンクリックで問題を解決してくる
  • データが消えない: Mobitrix Perfix を利用すれば、データが消えてしまうリスクは一切なし

初期化やDFUモード見たいに、データが消えてしまうリスクや、個人情報がもれちゃう問題などを、まったく心配せずに簡単に解決できてしまうMobitrix Perfixは本当に優れているツールです。


iTunesで解決【50%の解決率】

iTunesでは、容量不足によって起きるリンゴループ問題を解決するために、2つの方法があります。

リカバリーモードから復元

リカバリーモードでは、容量不足によって起きるリンゴループを、復元して解決できる方法です。ただし、iPhoneのデータを初期化してしまうので最終手段として使いましょう。

iphoneのリカバリーモードの画面

iphoneのリカバリーモードの画面

Steps:
  1. iPhoneをPCと接続
  2. 復元をする方法:
    • iPhone8以降の場合: 音量アップボタンを押してから音量ダウンボタンを押す。リカバリーモードが出るまでサイドボタンを押し続ける
    • iphoneリカバリーモードから復元

      iPhone8・iPhoneSE(第2世代)Ⅹ・11・12などホームボタンのないiPhoneのDFUモード操作方法

    • iPhone 7の場合:パワーボタンを押しながら音量ダウンボタンを押して、Appleマークが出るまで押し続ける
    • iPhone7・iPhone7 Plusのリカバリーモード操作方法

      iPhone7・iPhone7 Plusのリカバリーモード操作方法

    • iPhone 6以前の場合:パワーボタンとホームボタンを画面のライトがつくまで押し続ける
    iPhone6のリカバリーモード操作方法

    iPhone6のリカバリーモード操作方法

  3. iTunesを立ち上げてiPhoneを選択
  4. 復元ボタンを選択
 iTunes iPhoneを復元

iTunes iPhoneを復元


DFUモードから復元

DFUとは、デバイス・ファームウェア・アップデートの略です。iOSシステムやソフトウェアの問題を解決する、最も根源的な復元が可能です。Apple ストアのGenius Barなどで、解決が困難なiPhoneなどを修復するためにプロのApple技術者が使う方法です。技術的なノウハウがない方にとっては手順が少し難しいかもしれません。

復元する方法
  1. iPhoneをPCと接続
  2. スリープボタンとホームボタンを8秒ほど押し続ける
  3. 8秒たったら、スリープボタンを離し、画面が暗転するまで、ホームボタンを押し続ける

iPhoneの画面にAppleマークが出る場合はもう一度手順通りにやり直してください。


なぜiTunesでの復元を推奨しないのか?

元Appleカスタマーサービス担当者として、Appleの公式方法とみなされている理由でiTunes方法を間違って選択した人を見かけてきましたが、いずれにしても、これは最も間違った選択です。iTunesでの復元方法をなぜ推奨しないか知りたいですか?試してみるのに適していない、いくつかの要素をご紹介します。

  • iTunes経由で解決する手順は複雑。
  • iPhoneをPCに接続しても認識しない可能性がある。
  • iTunes経由で復元するとデータが消える。定期的に復元していなければ困る。
  • 解決するのに数時間かかるため、急いでいる方に向いていない。
  • iTunesで解決できたケースが少ない。それどころか、iPhoneに新たな問題を引き起こし、さらに困難になる可能性がある。

iPhoneの容量不足によるリンゴループを防ぐ予防方法と備え

予防は治療に勝る。リンゴループを予防する方法と、日ごろから押さえておきたいことについて紹介します。

  • キャッシュの消去
  • キャッシュデータとは?アプリなどが表示したデータを一時的に保存し、次回利用時にその保存データを参照してスムーズに再表示させる仕組みです。キャッシュを削除するためにはiPhoneの設定アプリを開き、アプリの設定を選択し、キャッシュ消去を選択する。

  • 古いバックアップを消去する
  • 必要のない古いバックアップは消去しましょう。これが容量問題の原因かもしれません。消去することで空き容量ができ、iPhoneのパフォーマンスを向上できます。

  • 脱獄(Jailbreaking)は避ける
  • 脱獄により起こりうる問題は多々あります。非公式アプリにアクセスすることになるため、Appleは推奨していません。また、脱獄により不具合が発生しiPhone自体が起動しなくなる可能性もあります。脱獄は行わない方が安心してiPhoneをご利用いただけるのではないかと思います。

  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneを常に使っていると、本体が熱くなったり、キャッシュメモリがいっぱいになったり、パフォーマンスの低下につながる可能性があります。iPhoneは長時間利用せずに、月に一度は電源を落とすなどして休めましょう。

  • 余分なアプリをアンインストールする
  • 試しに色んなアプリをインストールしてみたものの、結局忙しくて試すのを忘れてしまうことはありませんか?これは、容量がいっぱいになってしまい、リンゴループの問題につながります。容量がいっぱいになる前に使っていないアプリはアンインストールしてリンゴループを防ぎましょう。

  • iOSをアップデート
  • アップデートが保留になっていませんか?今すぐアップデートしましょう。iOSのアップデートをすることで、空き容量が増える場合があります。


まとめ

私の職業柄、今回ご紹介した方法はすべて実験済みですが、その中でも一番気に入っているのは Mobitrix Perfixです。短時間で問題を解決できるかつ、データが消えるリスクもないので、本当におすすめです。個人的には家族や友人にもこのツールを紹介してきましたが、早いパフォーマンスとリスクのない解決策に彼らは大満足しています。